風景スケッチ:画材と道具

画材は水性ペンと色鉛筆(油性)で、筆や水・チューブが要らず美術学校で使わないマイナーで少数派な点が良いと感じています。色鉛筆は24色セットなどでなく、自然風景で多く使う色(緑・茶・青・グレー)を中心に30本程度を入れています。  水性ペンは0.10.05ミリと細めのものを使っています。1100円~200円で半年程度使えますが急に描けなくなることがあり予備が必要です。スケッチブックは画材店で買えるA5サイズのクロッキー/色鉛筆用(50枚綴り)を使います。   大きい絵を描くには適さない色鉛筆の性格とこのサイズだとその日の内に完成できるからです。 

スケッチに行く際の荷物は、①スケッチブックと透明スケール・ゴムバンド ②緑の袋に入れた色鉛筆ケースと水性ペン・消しゴム ③キャンピングチェア ④昼食用の食料と飲み物 と手軽で健康的です。

帰途の電車内や帰宅後の仕上げでスケッチが完成したら、近くのビジネス・デポ(例:(キンコーズ」)等でスキャンしてデジカメ写真と同様にJPEGファイルにしてデータ化し、年賀状やオリジナルのカレンダーその他に色々利用しています。

アルミキャンピングチェア
アルミキャンピングチェア
色鉛筆ケース・透明スケール・道具入れの緑の袋
色鉛筆ケース・透明スケール・道具入れの緑の袋
スケッチブックとゴムバンド
スケッチブックとゴムバンド
スケッチする前の白紙のスケッチブック
スケッチする前の白紙のスケッチブック

折り畳みイス:現地でスケッチする23時間座るため、背もたれ付のアルミのキャンピングチェアを始めた時から使っています。

透明スケール:現地で描く範囲を決めスケッチブックの中心線(水平・垂直)を風景に合せます。タテ・ヨコ比で3種類あります。

風でスケッチブックがめくれないようゴムバンド(1本か2本)で右端を止めて描いています。

スケッチブックは事前に透明スケールに合せタテ・ヨコの線を鉛筆で写真のように引き水性ペンの段階で消しゴムで消します。


色鉛筆の削り方 〇 × 〇(右から)
色鉛筆の削り方 〇 × 〇(右から)
黒鉛筆・フォルダー ・ナイフ(右から)
黒鉛筆・フォルダー ・ナイフ(右から)
水性ペンと消しゴム: 大小(右から)
水性ペンと消しゴム: 大小(右から)

現地では色鉛筆の芯が折れたり特定の色を使うことが多いため削るのは写真真ん中のように機械ではなく、芯を長く出してナイフで削ります。

スケッチは最初に黒鉛筆(Bか2B)で風景全体のアウトラインと位置決めを1時間位してからその鉛筆の線に沿って、水性ペンで確定・仕上げます。

確定した段階で鉛筆の線や事前に引いたタテヨコの線(雲の線以外)を消しゴム(大小2本)で消し、水性ペンと色鉛筆で色を付けていきます。


PDFダウンロードできる風景スケッチファイル

特定の山や川に日帰りや旅行でスケッチに出かける際、自身の経験から○○山/○○川はどこからよく見えてスケッチできるのか、最寄の駅からの交通手段はあるのかといった情報の場が乏しく、このダウンロード・ファイルは私のスケッチ紹介だけでなくそのようなニーズに応えられるようにスケッチができる場所へのアクセス情報を提供したいと思います。

特定の山や川‐例:鳥海山‐でも、日本海側の象潟・仁賀保(秋田県)から鳥海山の写真を撮ったりスケッチしたものが多いですが、内陸側(山形県・秋田県)からも西側に鳥海山は見えるので違った形のアングルの可能性は複数あり地元の人は知っています。

下記[風景スケッチ場所ガイド]に収録している私のスケッチ

特定の山や川、横浜周辺の場所を探すときは、まず一覧リストで山や川の名前・掲載ページを確認してから、各[スケッチ場所ガイド]PDFファイルをダウンロードして下さい。

その1 山/川/海/神社/カナダ/フランス編(2022年1月末現在)

山/峠 川  海/神社  カナダ・フランス  合計

99枚

96枚 46枚 63枚 304
  

その2 横浜周辺・横須賀・三浦 編(エリア別、2022年1月末現在)

日本大通 山下・山手 根岸・本牧  周辺区・横須賀  合計
45枚 31

26 

174枚 276枚
  

その3 東京都・川崎市・神奈川県(県央・湘南・県西)編 エリア別(2022年1月末現在)

東京都・川崎市 神奈川県:県央 神奈川県:湘南 神奈川県:県西 合計
 55枚 34枚 53枚 37枚  179枚
都県別:風景スケッチ場所一覧リスト(全6ページ)
一覧表で全風景スケッチと場所(計654カ所)をリスト化
2020年3月末都県別スケッチ一覧表.pdf
PDFファイル 1.4 MB
風景スケッチと地図ガイド 山・川 編(全44ページ)
山・川・海/神社・カナダ/フランスの風景スケッチ画計304枚と補足説明、アクセス地図 2022年1月末現在
2022年1月末スケッチ場所ガイド 山・川.pdf
PDFファイル 12.9 MB
風景スケッチと地図ガイド 横浜・横須賀周辺編(全36ページ)
日本大通りー大桟橋、山下公園ー山手、根岸ー本牧、金沢文庫ー周辺区-横須賀‐三浦でのスケッチ画計276枚と補足説明、アクセス地図   2022.1末現在
2022年1月末スケッチ場所ガイド横浜周辺.pdf
PDFファイル 12.8 MB

風景スケッチと地図ガイド 東京都・川崎市・神奈川県 編(全15ページ)

東京都・川崎市、神奈川県内の県央・湘南・県西 各地区でのスケッチ画179枚と補足説明、アクセス地図 2022.1末現在
2022年1月末スケッチ場所ガイド 東京・神奈川.pdf
PDFファイル 6.0 MB

    私のスケッチは登山はせず地元の人が毎日見ている海沿い・川筋から独自のアングルを探します。

    また姫路城等の既に紹介し尽くされた観光地などを改めて描く意味は乏しいと考えています。

写真と違い風景中の個々の部分でなく光を受けた広がりと全体感ある自然風景をスケッチしています。

2023.12.25デュフィ模写 ドーヴィル競馬場の下見場

2023.12.27ファン・グリス模写 ギターとマンドリン

2023.12.29下村観山模写 白狐 1914年


2023.12.31シャガール模写 オペラ座の天井画

2024.1.2モネ模写 日の出・印象1872年

2024,1,4ムンク模写 星月夜 1924年


2024.1.6横浜旭区 白根神社

2024.1.6横浜西区台町 大綱金刀比羅宮


2024.1.10セザンヌ模写 アヌシー湖 1896年

2024.1.12モジリアニ模写 黒いエプロンの少女1918年

2024.1.15久里浜野比海岸 房総半島


2024.1.17ゴーギャン模写 ブルターニュの雪景色

2024.1.19ゴーギャン模写 ブルターニュの海岸1889年

2024.1.22クリムト模写 アッガ湖畔のカンマ城1908年


2024.1.24諸磯湾口と灯台 樽井君の鎮魂に

2024.2.7モネ模写 日傘をさす女 1875年

2024.2.14マネ模写 つばめ1873年


2024.2.17ゴッホ模写 夜のカフェテラス1888年

2024.3.3梅原龍三郎模写 紫禁城 1940年

2024.3.6梅原龍三郎模写 赤絵宗欺 1954年


2024.3.8和田栄作模写 赤い燐寸 1914年 渋沢秀雄がモデル

2024.3.10秦野金目川欠ノ上

県道62号脇から富士山

2024.3.10 秦野金目川土屋橋 丹沢


2024.4.3 葉山森戸神社 大伴黒主参詣の図

2024.4.11モネ模写 アルジャントゥイユのひなげし1875年

2024.4.17スザンヌ・ヴァラドン模写家族の肖像1912年


2024.4.24デュフィ模写:バラの花束を持つ婦人1920年

2024.5.3セザンヌ模写:庭師ヴァリエの肖像1909年

2024.5.6横浜緑区小山町 田んぼと新緑1


2024.5.6横浜緑区小山町 田んぼと新緑2

2024.5.14ゴッホ模写 オワーズ川岸 1888年

2024.5.21マネ模写 アルジャントゥイユのモネの家の庭

1874年


スケッチの行き方、場所と選び方

スケッチに行く交通手段

自分の健康の点と地元の場所感が分かる点から電車・バス・徒歩を使い、現地事情からタクシーを使うのは例外で、レンタサイクルが最寄りの駅等の地元にあれば利便性の点から使います。

スケッチするエリア・対象

始めた頃は専ら地元横浜市内でしたが、今は山や川・海・寺社の風景を主に日帰りで描いています。(コストと体のリズムを保つ面から) 山登りの本や雑誌は多いですが、住宅地がある平地から山や川をスケッチのに適した場所へのアクセス情報は少なく、インターネットの写真やTV番組や新聞・雑誌で紹介された現地の映像やその背景は貴重な参考になります。

どの場所からスケッチするのか

スケッチ対象と選び方

  残雪や新緑・入道雲・紅葉といった季節毎に描きたい風景・まだ描いたことがない山や川といった、行きたい場所のイメージがあり、インターネットで現地の地図・写真を検索して決めます。

 :駅から徒歩圏やバス便があり川筋の形や橋があって見通し条件がよい場所を地図で選びますが山が近くても地形で見えないことがあり要注意です。(例:JR芸備線‐比婆山駅)春夏の時期は遠くが見えにくいので、山のスケッチは冬など空気が澄んでいる必要があります。

:駅近くからのアプローチは山へ登るより容易ですが、「川は山から流れてくる」という本能的イメージが実感でき,川原特有の植物の自然環境や流れのあるアングルを極力選んでいます。

:海沿いに出ると、高低差があったり、対岸が見えたり、視界を遮るものがなく見渡す限りの景観が海の特徴です。日差しが風以上に海面に細かな変化を与えることも山や川と違う点です。但し、海沿いはトンビが多くパンやお握りを食べるときは狙われるので要注意です。

    個々の山/川がスケッチできたポイントはPDF[スケッチする場所のガイド](山/川編 横浜周辺編)各ダウンロード・ファイル中の地図をご参照下さい。

1日の時間割は、予め時刻表で現地の電車・バスのスケジュール優先で決める必要があり、スケッチ時間が十分取れないケースもあり、パンやお握りを食べながら早描きします。

スケッチしているエリア

交通費や日程・交通機関の利便性から主に東日本中心の本州内です。特に自宅のある横浜から近い相模湾の海沿いはアングルの選択肢が多く、地の利を活かして度々スケッチに行っています。

H24年定年退職後、共にフランス語圏である紅葉時期のカナダ(H24年9~10月、主にレンタカー)と春と秋のフランス南部と南西部~パリ郊外(H25年5~6月、H28年9~⒑月、各:鉄道パス利用)の山や川、海の風景スケッチ個人旅行をしました。

スケッチ1枚にかかる時間

現地で1.5~2.5時間ですが、電車・バスの時間や、夏/冬は暑さ/寒さから途中で切上げ、帰途の電車内のテーブル席を使ったり+帰宅後2~3時間は仕上げをします。(合計:4~6時間)

年間のスケッチ枚数推移(2024年1月末現在) 累計995枚

 

H19

H20

H21

H22

H23

H24

H25

H26

H27

H28

H29

88

64

26

21

42

38

 52

43 

48 

52枚 

68枚 

  合計542枚

 

H30

H31

2020年

2021年

2022年

2023年

2024年

72枚

85枚

59

62枚

84枚

80枚

  12

 

 

 

 

  合計 453枚  累計 995枚

リトラルの紹介

H249月「風景スケッチの制作・販売」と[ビジネスセミナー実施を事業内容に個人事業としてリトラルを開業しました。

・リトラルは個人で活動しHPで紹介 する無店舗形態です。

・このHPでは私が風景スケッチした 場所のガイドとセミナーの基本メニュー概略をPDFダウンロードで提供します。

[littoral]はフランス語で[海岸の]という意味の形容詞です。

メールアドレス kooogata@eos.ocn.ne.jp

     代表 尾形耕太郎
代表 尾形耕太郎

・なお、このホームページの内容を設置者の許可なく業務用・営利目的に利用することはご遠慮下さい。